イラストのこと

【実録】コミティア初参加したら本当の自分が見えた話【感想と反省会】

コミティア139に初めてサークル参加してきました!

本当は去年2021年の冬に出展するつもりだったのですが、
例のウイルスの影響で中止に…

そのため1年越しになりましたが、ちゃんと出展できました!良かったよおおおおお

冊子は50冊刷って、

8冊(会場)
8冊(通販)

合計で16冊、ご購入いただけました。
ポストカードも刷ったところ、数人の方に買っていただけました。

「初参加では20冊売れたら大健闘」
という記事をどこかで見たことがあったのですが、それと比較してもまあ、
そこそこ頑張れたのではないでしょうか。

普段はマーケティングやビジネスのことを考えるのが結構好きなので、
いつもならつい「売上」とか「販売数」とか考えちゃうのですが、

今回は「自分の好きな絵を!好きなように!自由に描く!!」
をコンセプトにしていたので、
普段なら絶対に描かないであろうイラストをたくさん描けたのが何よりも楽しかったです。

そして、
「制作実況のブログを更新する!」と言いながら見事に頓挫した「2ヶ月ちょいくらいの期間で完全オリジナルで完全新作の新刊を無事に販売できるのか?」
という検証ですが、

できたよ。

でも、そこにはおおおおお大きなデメリットがありました。

その検証結果も含めて、記録としてブログに残そうと思います。

コミティア参加後の反省会①「印刷」

いきなりですが、スーパー懺悔タイムです。

今回は初めて発注する印刷業者さんに、「簡単な入稿方法」というのがあってそれを利用しました。
入稿データを作らずに画像をそのまま送ったら簡単に印刷できちゃう!っていう感じのもので。

「うわあい!ポスターが簡単に作れちゃう!」ってやってみたらこうなりました。
手前にある冊子と奥のポスターの色味の違いにご注目ください。冊子の方が原画に近いです。

「ファアアアアアアア!?!?!?!?!?」

どうした!なんだこれ!?事故!?!?
というレベルで全く色が違いました。
改めて自分が入稿したデータやサンプルデータ、諸々の情報を見直しましたが、特に問題があったとも思えず。

これメインビジュアルだぞ!?うっそだろ!?

と思いつつ、印刷をやり直す時間的余裕はないので、悔しいまま当日を迎えました。

…これは印刷の問題ではなく、完全に自分自身の問題です。
基礎的なことを学ばずに、「簡単だから」という理由だけでそのリスクも考えずに選んでしまった、自身の至らなさの結果でした。

私は「印刷」についてあまりにも無知すぎました。

何なら「オフセット印刷」「オンデマンド印刷」の違いも
なんとなーーく知識として知ってる、程度で、
紙のことも、なんとなーーく「確かこんな感じ」程度にしか把握しておらず。

本来なら、印刷業者さんに入稿するときに違いをしっかり勉強してから
印刷方法や紙を決めるべきだったのでしょう、いやそりゃそうだ。

そしてそもそも入稿データをする手順を基礎から学ぶべきでした。

普段仕事などで使っている知識はあくまでその現場でしか使えないものだった、ということに今更ながら気がつきました。

幸い、商品となる冊子とポストカードの印刷は問題なかったのが救いでしたが…

でも!正直に言えば!
もっとこだわりたかった!!!!!

でも、元々時間の余裕がなかったことや色々な遠因が重なって、
自分に足りないものが浮き彫りになった分、
すんごい悔しいけど足りないものがわかったので長期的に見ればむしろ大きくプラス…!!!

反省はしつつも、こうしてお客さまの作品ではなく、自分の作品に対してもこだわりと熱意を持てることを確認できたことは、個人的にすごく嬉しいことでした。

コミティア参加の反省会②「広報不足」

本当は広報も兼ねて制作実況のブログを毎週更新する予定だったのに、
そんな余裕なんてなかったです。

なぜか?

それは純粋に!
作品制作してたら!
いつの間にか当日直前になっていた!

…本来、マーケティングや告知、広報などはすごく好きな分野なのでガンガン流したかったのですが、
いやほんと制作に没頭してたらそれどころじゃないんよ…
中身で精一杯なんよ…

自分一人で商品を作ってそれをさらに宣伝広報までする、ってこんなに大変なのか!
というのを痛いほど感じました。

とは分かっていても、私、腕2本しかない上に脳みそなんて1個しかないんですよね…

時間の余裕のなさから後手に回ってしまったなあと大反省です。うぐぐ。

 

じゃあどうすりゃよかったのよ?
という考察もします。

教訓:不測の事態は起こる前提でスケジュールを組む

印刷のトラブル対応、
作品のブラッシュアップ、広報活動など、
制作とは別のことをする期間をあらかじめ設けておく、

というのを次回から徹底しようと思います。

…いえ、実はちゃんとその期間を設定していたのですが、
ほぼ「ブラッシュアップの時間」に費やしてしまいました。

それでも日数的な余裕は持ちつつ進めてはいたのですが、
「ポスター印刷やり直し」は流石に無理でした…無念…っ

万全を期すのであれば、
万が一全てやり直しになった時でもなんとかなるプラン
にする必要があるんだなあと身をもって知ることができました。

最悪の事態を想定して動け、とはいろんな人が言ってるけど、
大事な時に限って異常事態って発生するんですね…

その教訓を得られただけでもものすごく価値のある体験でした。

ここはグッジョブ①通販もやってみた

ここからは、自分なりに良い判断だったなあ、と思ったことも書いてみようと思います。

数人の方からご要望をいただき、
通販をすることにしました。

何せ50冊も刷ったので、当日会場だけで売り切れるのはまあ難しいでしょう。

それなら在庫状況見つつ同時に通販もしよう!とコミティアの前日に思いたち(遅い)
当日の開場とほぼ同時に通販も開始しました。

結果、これがすごく良かった。

その日はちょうど午前中の天気が悪く
さらに世界的に大流行している例のウイルスの影響でどうしても外出が難しい状況下
そしてそもそも、
自分の作品を気に入ってくれる人が当日にビッグサイトに来ることができる確率って、実はすっごく低いのでは??と気がつきました。

通販で、当日会場に来られない方にも手に取っていただくことができ、
さらにイベントが終わった後でも購入可能、というのはすごく便利!

当初は通販のことは全く考えていなかったので、お問合せくださった方に本当に感謝感謝でした。

通販サイトはこちらから↓

https://whitecubeart.booth.pm/items/3668733

最大のグッジョブ②自分の感情と真剣に向き合った

そして何より、コミティアに参加して一番良かったのは
内省する機会を得られたことでした。

自分の感覚、気持ち、考え方、好きなもの、描きたいこと、今後やりたいこと…
そういった部分を感情ベースで深く深く掘り下げることができました。

ここで白状してしまうと、「はこしろさんの描く絵の雰囲気や世界観が好き」と言ってくださる方の感想を、
今までずっと正面から素直に受け止められていませんでした。
本当なら泣くほど嬉しくてありがたいことなのに。

ではなぜ素直に受け止められなかったのか?と深掘りしてみたところ、
おそらく「自分が描くことに価値があるわけではなく、内容と効果に価値がつくこと」
をイラストレーターになった時から常に意識していたことが原因かな、と絵を描いていくうちに分かりました。

こう意識していたのは、絵がうまくて世界観や特徴のあるイラストレーターさんが多く活躍する中で、同じ自己表現で戦うよりも別の価値でまずは生き残ろう、という考え方が根底にあったためです。

そして実際、今まで仕事として向き合ってきたのは、自己表現というよりは他者表現の方が割合が大きく、いかに需要や要望に応えるか、を考えて、そこに全力を向けていました。

戦略的な側面で見ればそう舵を切ったのは正解で、
そう選んだことで今もお仕事をいただけているんだと思います。
そしてこれも一つの道であることには変わりないのですが、
それを感情ベースで考えた時、果たして胸を張って「これは逃げではない」と言い切れたか?というと、

内側の自分「いや全然!逃げも含まれてますね!!!」

最初から自分で勝手に「自分は自己表現じゃ生きていけない」と決めてたんですね、
自信がなかったから。
自信のない分野で戦うよりも、確実で得意なことを提供する方がいいに決まってます。

 

……、

 

ま、でもやってみなきゃわからんけどな!

ってことで、まずは仕事の枠の外で自己表現をやってみました。

本当に自分は自己表現しても誰にも見向きされないのか?という実験も兼ねて。

すごく楽しかったし自己理解が進んだし、
何より、手に取って下さった方がいた。

この事実がすごくありがたく、嬉しく、また今までの自分の中の思い込みを修正してくれました。

今後のことでウジウジ悩んでましたが、
やっぱり実際に動いてみてから考えるのが性に合ってるみたいです。

それがわかったのが、今回の一番大きな収穫でした。

ただ、生き残るには戦略は不可欠。
そして、人や社会が求めるものを作り提供することが私の仕事です。
自己表現も、他者貢献も、どっちも実現できる道を模索して作っていくのも悪くないな、と思いました。

コミティア当日の様子と発見

ここからは当日の様子をまとめてみようと思います。

気づいたことを列挙していく感じになりますが、
誰かの参考になったら良いなあ。

通りすがりで買ってくれる人は少なめ

でも、いらっしゃいました。

買ってくださった方にそれとなーく「ツイッターかインスタをご覧になったんですか?」と聞いてみましたが、
「通りすがりです」とおっしゃる方が3人ほど。

…どこの誰とも知らない人の作品を買ってくれるなんて、ほんと感謝しかないです…。
ありがたい…

ちなみに、お隣のスペースの人気の作家さんのご様子をチラ見してましたが、
大多数が「いつも見てます!」という感じのファンの方でした。
ファンの方との交流の場になるのはすごく良いよなあと思いつつ、
そもそもまず別の場所でファンを探しとく必要があるんだな!?と理解しました。

事実、私のことを事前の告知で知って買いに来てくださった方もいらっしゃいました。
ありがたい…!

参加者側としても、新規発掘というよりも推しの新刊を買いに行く、という感覚の方が強いのかな。
なるほど…知らんかった…!

設営って時間かかる

「設営なんてそんなに大変なことじゃないだろう、スペースも小さいし」
と思っていましたが、逆でした。

狭いから難しい…

設営って意外と時間かかるんですね、慣れてないと…

もたもたしながら設営していたら、
イベント出展経験豊富なベテランの友人がニコニコ来てくださって
「おはよ〜今日は楽しもうね〜。え、こっち?うんもう設営終わった!
と去っていきました。

…これができるのはあくまでベテランであって、
初心者の私は普通に設営1時間とかかかりました。

あと、ポスターは机の上に立てるより、椅子の後ろに大きく高く立てる方が絶対良い
何メートルも離れたところからでもスペースを見つけられるように、ビジュアルの面積を広く取る、というは必須だなと思いました。

それともう一つ、組み立て式の段ボールの商品棚を使ってる方がいらして、すっごく便利そうでした。
あれなんていう商品なんだろう…すごく簡単に組み立てられるし荷物は少なくていいし最強じゃん…!と。

今後イベントに出るときは絶対に導入したいです。

以下、当日に設営について気づいたことや思ったことを箇条書きにします。

・メインビジュアルは大きく印刷して、高く設置。20m離れても見えるように

段ボールの組み立て式の商品棚が便利そうだった。商品の設置はナナメが基本

・クレカ払いにも対応したけど、現金での支払いが多数派。でも利用してくれた方には喜んでもらえた

冊子は印刷後直接会場に搬入するプランを使って大正解。次からはスペースの装飾とかも配送業者に頼んじゃった方が楽そう

参加証忘れた

当日、何を隠そう、
参加証や見本誌を入れていたファイルごと自宅に忘れました。

参加証やコミティアの会場見取り図、運営に渡すための見本誌、アンケートなどなどが入ったファイルがカバンの中にない!と気づいた時、
私の目の前には東京ビッグサイトの屋根がありました。

まるでギャグ漫画。全然笑えません。

…ほんと何してるんだ私……言い訳できる余地すらないです。

このうっかりさんめ…!

結局、コミティアの会場入り口に行って参加証を再発行してもらいました。
が、
再発行するとペナルティがついて、
次回以降の参加の際に当選しにくくなる、という仕組みなのだそう。

…初参加でペナルティって……と思ったけど背に腹は変えられませんでした。

参加証は、ちゃんとカバンに入れないとダメですね。ほんとに……

 

そのほか、こんなことにも当日気づきました

・思ったよりも人通りは多くなかったけど、コロナの影響もあるのかな…?

・自販機がない…東京ビッグサイトの東ホールは一旦会場を出ないと自販機がないみたい。飲料水は事前に確保が必須

・同じ出展者同士でご挨拶したいときは15時以降になると既に撤収されてる場合がある…挨拶し損ねた…開場前の朝に回るのがおすすめ

結論、準備期間は長いほうがいい

準備期間2ヶ月ちょっとくらいでコミティア初参加は、不可能ではない。
けど、200%全ての作品に悔いが残らないようにするには、時間の余裕がない。

制作期間が2ヶ月ないくらい、フルカラー20Pイラスト本で全部完全新作、

というのは(やろうと思った時も無謀だとは思ったけど)やっぱりきつかったです。

でもきつかった分、
すごく大きな収穫もたくさんありました。

 

最後になりますが、お手にとってくださった方はもちろん、
いつもいいねやリツイートで応援してくださるみなさま、本当にありがとうございます。

今後も自主制作、続けていこうと思います。またTwitterや(最近ようやく動かし始めた)Instagramなどで発信していくつもりです。

今後とも、行く末をどうぞ見守っていただけると幸いです。

 

 

 

 

当日販売した冊子の通販はこちらから↓
在庫無くなり次第終了となります。

https://whitecubeart.booth.pm/items/3668733

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です