イベント情報

イラスト本制作のために作業効率を見直した話【コミティア初参戦実録】

「イラストの冊子でしょー?
んー、まあ20ページくらいは欲しいよね!」

 

※進捗0

コミティアまで残り75日。
…もし、この理想を実現するためにはどんなペースで描けばいいのか?
カレンダーを見て計算したところ、

1週間に見開き1ページを完成させる制作スピードが必要
ということが分かりました。

…誰だ?そんな鬼みたいなこと言うのは。

入稿のタイミングを考えると、制作期間は2ヶ月程度。
表紙裏表紙含めて20ページあるなら、メインになるイラスト部分は見開き8ページ。
2ヶ月はちょうど8週間なので、あらちょうどキリの良い数字。

いやこれほんとに作戦立てないと実現できんぞ!?

えー、今までのやり方で真っ向から勝負しても間に合う気がしないので、
一旦冷静になって作戦を立てることにしました。

効率良く制作する方法

どう考えても問題になるのが制作スピード。

当たり前だけど、本業や日常生活と両立させて進めるのが大前提です。
1日に使える時間に限界があるので、とにかく効率的に進められるかどうか?が鍵になる…!

使用ツールの設定を見直し

私が作画で使ってるのはipad版のClipStudioEX。
今まで正直、ほとんどペンや筆の設定をいじったことがありませんでした。
…だって初期の設定をちょこっといじるだけで十分描けたんだもん。

しかし、ペンや筆のツールの設定を変えることでより自分の制作スタイルにあった画材を作れるなら、早めにそれを見つけて使った方が絶対お得。

と言うことで、ペンツールやウィンドウの設定など、作業環境をなるべくストレスがないように整えました。

線がなかなか消えないよお、とか、レイヤーどこだっけ?とか、こういう小さな小さな「モヤっ」が積み重なるとすごく疲れるんですよね…
それが減るだけでも相当スムーズに進められるんじゃないか?と。

課金して効率が上がるならお金は惜しまないよ私。

↑これ買いました。想像の100倍くらい便利です。

インプット方法をはっきりさせる

私にとって一番時間を費やすのは「悩む時間」です。

なんで悩むのか?アイデアが浮かぶのを待っているから。
何で待つのか?降ってこないから。
何で降ってこないのか?

インプットが足りてないんだよ!
何か出すならまず入れろ!!!

…と自分を叱咤激励しつつ、「悩んだらこれ!」と脊髄反射で飛びつけるようにインプット先を一つに絞りました。

https://www.pinterest.jp

↑Pinterest。
画像特化型の検索エンジンとして使ってます。
普段から画像を調べる習慣がある人に本当におすすめしたい。
画像検索機能とおすすめ機能がとんでもなく有能。アプリもあるよ。

あれこれ空想を膨らませるのも楽しいは楽しいのですが、「なんかないかなあ」と手が止まってボケーとしてしまう時間が圧っっ倒的に長い。ので、これを少し減らそうと思いました。

制作日記

 

12/6

ゴリゴリ描けた。なんかすごく調子が良かった。

ペース配分だけ決めて、やりたい作業を優先して進めた方が結果的楽しく早く終わりそうな気がする。

 

12/7

今日は制作はお休み。

情報収集とブログの整理。

12/8

描くぞ!と思って描いたけどうまくいかないな…

時間はあったけどなかなか思い通りに進まなかった…

12/9

お仕事多忙のため一回休み

12/10

数日ぶりにちゃんと制作。

モチベが上がらなくてすっと集中できなかったけど、一応進んだ。

んー気持ちの切り替えって大事…

12/11

比較的ゆっくりしながら制作。

そろそろサークルカット描かなくちゃ。

12/12

コミティアの参加申し込み完了。

ちゃんとスペースもらえますように…

準備はしてたけど結局申し込みギリギリになった(明日が締め切り)

 

※このブログは、Amazonアソシエイトを使用しています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です